読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カウンターモルネクドギラゴン剣

1つ言いたいことがあるんだけどいいかな。

このデッキ、モルネクにドギ剣入れたんじゃなくて、ドギ剣にモルネクを突っ込んだ結果だから。

今となっては従来のカウンターモルネクの基盤にシフトチェンジしてるけど、どんな過程を経てそこに辿り着いたかが重要だと思います。




f:id:natsumegudm:20160628205317j:plain




2つのワンショット


そんな訳でまずはイーヴィルドギ剣ウララーワンショットとNEXTハートバーンワンショットの違いをおさらい。
そんなのわかってるよって人は飛ばしてください。


イーヴィルドギ剣ウララー

  • 5マナ。
  • パーツが3枚必要。
  • 禁断の封印が最低2、最高3枚(鬼龍院絡めるともう少し)剥がせる。
  • クリーチャーが3体並ぶ。(調和ケアも可)
  • ウララーの破壊時能力で隼や革命0トリガーなどをケアできる。
  • 踏み倒しメタに弱い。


NEXTハートバーン

  • 7マナ+ドラゴン5マナ。
  • パーツがNEXT1枚だけ。
  • 封印は1枚のみ剥がせる。
  • クリーチャーが2体並ぶ。
  • 後続がSAになる。
  • 踏み倒しメタの影響を受けない。
  • 隼や革命0トリガーなどをケアできない。
  • 最初の2パンでスパーク、デスゲなどを踏んでも大丈夫。


こんなところですね。
NEXTのほうはドギ剣絡めると打点増やして封印もっと剥がしながら過剰打点作れます。

この種類が異なるワンショットを使い分けて闘えるのがこのデッキの強さです。

NEXTで今までドギラゴンエントリーやギフトなどを入れなければ達成することのできなかった速度をイーヴィルで補え、ドギ剣のパーツが足りなかったり踏み倒しメタがいたりする時にNEXTが役に立ちます。











なぜブーストを採用するのか

最近はドギラゴン剣が環境に蔓延っていますよね。
そんなドギ剣に後攻から先に仕掛けられ、なおかつその動きを自然に組み込めるカード、それがメンデルスゾーンです。
2tメンデル3tイーヴィルで駆け抜けられる可能性が出てきます。
また、チャージャー呪文と違って火の子がドロマーハンデスなどに強いです。2枚見て選べるのでウララーがマナに埋まる確率が上がりますし、被らないようにして墳墓をケアする動きができるので。
マナが溜まりやすいということはコストの重いパワーカードを採用することにもつながるので、デッキのパワーを底上げできます。









禁断と革命0

革命チェンジというギミックによって封印が剥がれやすい、これがボルドギと噛み合っています。
従来のNEXTでは禁断解放することはかなりボルシャックドギラゴンの枚数と捲りの精度を要求されました。
しかし、この型では革命チェンジを絡めることによって容易にコマンドを出せます。
対戦結果4288249 - デュエルマスターズ DMvault
こんな感じで。









ボルドギとの相性
  • ドギ剣

ボルドギで捲ったときは弱いけど、革命チェンジでボルドギ使い回せるのが強いです。

  • イーヴィル

相手がレッドゾーン、デッドゾーンなどのボルドギと同じパワーラインで止めしにきたときボルドギで捲ると、バトル相打ちイーヴィル効果ボルドギ回収っていう動きが強いです。

  • ウララー

プリン出して2体止めたり、コマンド出してそのまま禁断解放したりとボルドギで捲っても強い札です。







今はまだレシピとかあげませんが、そのうち気が向いたらブログに載せたりするかもです。
なんか今回うまく書けなかったです。
人に何かを伝えるのって難しい。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
ではでは。