読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

†無限の精霊リーサ†入り白単天門

デュエルマスターズ デッキ紹介 対戦レポ

 

 

 

構築に至るまで

 みなさんは

「握った経緯も何もカナタさんいつもこれしか使ってないだろ」

とか思われているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあその通りです。

 

でもカナタさんはそれだけの理由でこのデッキを握ったのではありません。

新殿堂後の環境を考察した上で白単天門は「勝てる」デッキだと確信しました。

 

 

 

まず白単天門が苦手なデッキとして

  • 猿ループ
  • 天門ループ
  • ジョバンニロック

これらが環境に存在していました。

しかし新殿堂によって全て消えたことにより、特別不利なデッキはあまりいなくなりました。

 

不利対面であるルネッサンス

 

f:id:natsumegudm:20170214152602j:plain

 

無限の精霊リーサによって、相性が覆ることとなりました。

 

それでは構築の解説へ。

 

 

 

 

デッキ解説

 

f:id:natsumegudm:20170214154658j:plain

 

 

 

基本の動きとか採用理由とかはこちらに書いてあります。

 

natsumegudm.hatenablog.com

 

 

 

 

環境が固まっているわけではなく様々なデッキタイプが混在しているので、グランデやパラディンなどの重めのパワーカードではなく、小回りが利き柔軟に対処できるドラグナーを多く採用したかったので8投する次第に。

その中でも環境を意識し調整した札の解説だけしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:natsumegudm:20170214160346j:plain

 

このデッキの弱点である速度の問題を解決する札。

NEXT、サソリス、ビックマナなどマナを伸ばしてくるデッキが多く、必ず引きたいために4枚投入しました。

 

 

 

 

 

f:id:natsumegudm:20170214160822j:plain

 

リソース製造機。

ドロマーをみるために4枚採用しましたが、ミカドホールやデモンズライトなどで処理されて有効な札とならないことが多々あったので、減らして他のカードの枠に割くべきだと感じました。

 

 

 

 

f:id:natsumegudm:20170214161932j:plain

 

主にバイクとリスへの除去として。

バイク相手には侵略した返しに撃ったり、トリガーさせたりして攻めの手を緩ませます。

リス相手も盤面処理をしてパゴス龍解までのターンを遅らせることが勝利への近道です。

ミラミラとの兼ね合いもあり4だと多いので3。

 

 

 

 

f:id:natsumegudm:20170214163402j:plain

 

5、6枚目のセイントローズ。

ドロマーに対して確実にエンドレスヘブンをプレイしたいため採用。

シールドセイバー効果も強いです。

 

 

 

 

f:id:natsumegudm:20170214163719j:plain

 

バイクやNEXTに対して絶対に抱えたい札。

対バイクは禁断解放によってブロッカーを封印して攻めてくることが多いが、そこでミラミラの0トリガーを発動させて封印を剥がしつつ耐え、返しのターンにジャッジorシールドレイユでドキンダムを飛ばして勝つというプランがとれます。

対NEXTもこのカードで耐えてから、ジャスキル+1打点で大体勝てます。

 

 

 

 

f:id:natsumegudm:20170214152602j:plain

 

たぶんみなさんが最も気になっているカードだと思います。

青白サザンに入っている3コス以下のカードを軒並み止めることができるためヘブンズへブンの着地が間に合うようになり、そのままネバーエンド+リーサの詰み盤面をつくることが可能です。

 

チョップルンも候補ではありましたが

 

f:id:natsumegudm:20170214165247j:plain

 シドとパワーが同じであったり、ブロック時にしかアンタップしない点が不便であったためリーサの採用に至りました。

 

 ※ライデンやメメントモリ神宮やルロックJやユッパールでリーサをタップするのはやめてください。

 

 

 

 

 

DMvaultでの戦績

 

2日連続優勝、3日連続でベスト4。

対戦の様子は下のログからどうぞ。

 

2017年2月8日

2017年2月9日

2017年2月10日

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ではでは。