白緑メタリカ雑感

お久しぶりです。
とりあえず白緑メタリカを握った経緯、何を意識して調整したかを書いていこうかなと思います。





調整録

入賞レシピを適当にTwitterで漁っていると、9/17に行われた大分CSで優勝したイナイレさんの白緑メタリカという見慣れないデッキが目に留まりました。


twitter.com


正直なところ、第一印象ではあまり強そうなデッキタイプだと思いませんでした。しかし、優勝したからには理由があるだろうとdmvaultで触り始めることに。


実際に回してみると、ヒラメキスネークを彷彿とさせるようなデッキタイプであるとわかり、軽減のクリスタ、ドローソースのバーナイン、マナを生成するベイBジャックにアクセスすることが重要だと確認。たくさん並べてジャックでマナにして天秤で起き上がり、フィニッシャーが出てきます。

そのため足りない緑を補い、エンジンやメタカードを引っ張ってくることが可能な未来設計図を採用し、裁きの刻との噛み合いがあまり良くないステップルを抜きました。多色で濁り、モアイの後に役に立たないフェスライブも没。

フィニッシャーの枠はダイヤモンドソード+ラフルル+カルマインカやキャバリエ+タテブエなど色々試しましたが、安全に勝とうとするほど採用するパーツが多くなりデッキの回転が悪くなるため、VAN、モアイ、そして色も合っているワルドブラッキオの3枚をフィニッシャーとして据え、不動を全て切りました。

その後、悠久チェンジなどのダイスベガス入りの山にモアイが盾落ちすると目も当てられない状況になり、泣く泣く使用頻度の少ないVANを不動に変更。そしてCSで使用したリストが完成しました。







デッキ解説


f:id:natsumegudm:20170925060337j:plain



呪文主体のドロマーロージア、5Cジョリー、悠久チェンジ、ブーストが重要なNEXT、グラスパー、5Cジョリーに有利がとれるようにデッキ構築をしました。

ジョーカーズにはジャックフェイウォンやデスマッチフェイウォンで攻めの手を鈍らせ、ブランドにもデスマッチとフェイウォンが有効に働きます。

メタカードを極力減らさないことや、うまく回らずとも広がったボードとジャックでマナを作ってプレイができるモアイとワルドをフィニッシャーとして採用。

相手が停滞している隙にこちらがハンドを整え、メタリカエンジンでデッキを回すというコンセプトです。




https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050488_1.jpg


デッキの核。軽減はあればあるだけ強いので最大枚数採用。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050353_1.jpg


ドロソ。メタリカが腐らなくなる。これもあればあるだけ強いため4枚入っています。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100011038_1.jpg


非常に器用なカード。白マナしかないときに緑マナを生み出すムーブが優秀なのですが、フィニッシャーどちらか1回拾うことができればという楽天的な考えのもと2枚に抑えました。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050647_1.jpg


攻撃そらしの能力によって殴ってくるデッキをどうにかするカード。3コスなので設計図から繋がるため、必要な対面には持ってこれるだろうと3枚採用。




https://www.ka-nabell.com/img/card/card100056617_1.jpg


呪文メタ。フェイウォンと同じ考えで3投。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050716_1.jpg


バグ。2コスの性能ではないです。このカードでデッキのエンジンを抱え込み、一気にプレイすることが重要だと思ってます。しかしぶん回ると1回も使わずゲームが終わったりする。基本1回しかプレイしないカードなので3にしてます。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100030799_1.jpg


ボルバルザークエクス。繋ぎとして1、2回撃つ呪文です。3枚あれば十分だと思います。盾に埋まって稀に有効トリガーになります。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100056374_1.jpg


強くもなく弱くもない。完全に蛇足。オリオティスに屈しなくなるのがおしゃれポイント。1でいい。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100056398_1.jpg


フェイウォンでバトルしたり天秤タップでバトルしたりして隠されし能力を発動させます。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100044112_1.jpg


引けないとお話にならないため4投。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050725_1.jpg


ガードマン。2コスのカードですが2ターン目にプレイしたい対面はそれほど多くなく、設計図もあるため3。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100018022_1.jpg


緑なのが素晴らしいのでVANよりこちら。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100032262_1.jpg


安定感の底上げ。色も確保したいため4投。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100059709_1.jpg


先行2tでプレイするだけでイージーウィンできる対面が多いため最大枚数積みました。1クリスタ1バーナイン1ジャックのときにマナを減らさず出てきてくれるのが偉いです。







バーナインとクリスタどちらを先に出すか、フェイウォンの登場時効果を使うか、ジャストラビリンスでどれをタップするかなどプレイで悩む場面が多く、触っていて飽きないデッキでした。
メガマグマは流行らないで。


ここまで読んでいただきありがとうございました。ではでは。

快楽天7月号には幼馴染ものがない

デッキ紹介の記事です。
健全です。

続きを読む

夏が巡ってくる

「6月の雨に打たれたら好奇心が流れ落ちた」

こんなことを言ったら鼻で笑われるだろうか。
ゲームもギターもTwitterも、全部面白そうに感じない。
天気予報を見るたびに気が滅入る。
梅雨のせいにして部屋に籠る。
自分の屑さに呆れていた。



代り映えのしない毎日に嫌気が差した。
自分のダメさに辟易した。
こんな気持ちを何かのせいにしたくて、鬱だと言って蓋をする。
正気のふりのふりをして、でかい墓石みたいな大学に久しぶりに足を運ぶ。



心配してくれる友人に
「どうしてこんな屑の相手してくれるの」
って言おうとしたけど、つまらなそうだからやめた。
人の話聞いてるのかって何度訊かれただろう。
聞きたくないわけじゃないんだ。
ただ興味が持てないだけで。



生きているのはつまらないけど、死にたくなるほどつらくもない。
宙ぶらりんでただただ過ごす。
これはこれで贅沢なのかもしれない。




もう少し足掻いてみよう。
太陽の熱気に踊らされながら。
理想の夏が蜃気楼だとしても。



今年もまた、
夏が巡ってくる。

シーガル泉CSレポ

使用デッキ:モルトNEXT

f:id:natsumegudm:20170626224111j:plain










1回戦:ビートジョッキー 〇

後攻。
ギア単騎から4t目にボマーを絡めて盾0にされる。
盤面に5体いたがスクチェンNEXTガイオウバーンバスタージアースですべて除去しながらガイラオウでトップSAをケア。
次のターンにバスターを絡めてマナにあったドドンガやハードラックを踏んでもいいようにしつつ殴る。
ノートリでダイレクト通って勝ち。



2回戦:赤青バイク 〇

先行。
相手はギアギアオニカマス。
順調にブーストできていたためモルト覇ジュダイオウ。
オニカマスがいるがハンドにモルト覇を戻したかったためバスターチェンジジアース。
ジアースのみバウンスされ3点が通る。
返しにギア進化レッドゾーンで剣除去、3点を刻まれる。
次のターンスクチェンNEXTグリージーからオニカマス攻撃、レッドゾーン攻撃時バスターチェンジジアース。
ジアースで殴るか迷ったが落城+何かを踏むと返しのターンに負けまで見えるので溜め。
相手はオニカマスクロックで終了。
マナが6枚しかないのでスクチェンマナロで耐えられたときのザゼットをケアして殴る。
「世界をつなぐ柱」の天罰もクロックも踏まなかったので勝ち。



3回戦:バッシュギヌス 〇

先行。
5ターン目にNEXTハートバーン。
NEXTの攻撃が通り、バスターチェンジからジアース。
共倒れの刃しかなかったから勝ち。



4回戦:モルトNEXT ×

後攻。
相手ブースト引く。こちら引かない。
モルト勝利リュウセイを盾から来たマナロとスクチェンパワーアタッカー+2222で返す。
しかしトップモルト覇。
マナロに殴るときにギガハートつけてリュウセイも自爆特攻でオウギンガになればいいのに盾殴ってきたのでバトクロスでワンチャン拾えるなって思ったけど何も埋まってない。負け。



5回戦:ジョーカーズ ×

後攻。
ヤッタレニヤリーパーリナイツセンノーダンガンオー上から5億点で負け。









そんなわけで3-2のモブでした。
ここまで読んでいただきありがとうございました。ではでは。

ブログ書き始めて1年が過ぎた

f:id:natsumegudm:20170623171802j:plain

リディアさん(@__1ydia__)にイラストを描いてもらったのでブログアイコンやアカウントアイコンを新調。




飽き性の僕がなぜ1年もブログを続けていられたのか、僕自身が1番不思議。

このブログがなかったら今のように色々な人と知り合えなかったし、デュエルマスターズもやめていたんじゃないかな。



100回 1000回 10000回 叫んだって
伝わらない 届かない想いは
100日 1000日 10000日 たった後で
きっと誰かの心に風を吹かせるんだ


「革命」の歌詞を信じて今後も気長にやっていくよ。






andymori "革命"

マナーとは

マナーが悪い人は自分がマナー悪いと気づいていないか、わかっていて開き直っているかの2パターンなのでこんな記事読まないです。



僕が言いたいのはマナーを他人に説いている人について。
他人に謙虚さを求めるのは謙虚じゃないし、優しさを求めるのは優しくない。
それだから何も変わらないのだと思いますよ。



マナーとは個人が自発的に守るもの。


これが大前提です。

勝てば損するデュエルマスターズ

「千葉ホビcs優勝した猿ループが予選でジャックいないのに場のクリーチャータップしてマナコスト支払ったらしい」


故意だか過失だかわからないがミスをするのは本人が1番悪いってのが前提としてありますが、気づかない対戦相手も何のために目の前に座っていたのかなと思います。


それとこの発言の違和感は別のところにあります。


プレイした本人も対戦相手もミスに気付かなかったのであれば、誰がこの現場を見ていたのでしょうか?


Twitterをいくら探してみても「~らしい」や「~っぽい」などの憶測で発言している人しか見ませんでした。
そもそも第三者が現場を見ていたらジャッジを呼ぶなりなんなりして然るべき対応はされるはずですよね。


それがないってことは気づいたけどミスを容認していた何者かが、優勝者を炎上させるために今更Twitterで発言し始めたのかなって思います。
憶測でしかないですが。


もし結果を残してなかったらその何者かは、ミスのことなんか忘れて過ごしていたのでしょうね。
勝てば寧ろ損をするゲームにいつから変わってしまったのか。



ポケモンカードゲームだと公式の動画卓でルールミスしていたとしても、セルフジャッジシステムを採用していたので他の卓と条件を同じにするために他者の介入はできず、両者見逃しでそのままゲームが進行した例もあります。


でもDMは違いますよね?


しっかりとジャッジが場にいて進行しているはずです。
気づいたらまずジャッジを呼びましょう。
黙って後から炎上させて何が楽しいんですか。


最近のDM界隈の悪意に満ちた攻撃的発言、嫌いです。



他の可能性としては、両者のどちらかが途中で気づきジャッジを呼んだが巻き戻し不可でそのままゲーム進行ってところでしょうか。
ジャッジの判断が優先されるのは当たり前なので、後からぐちぐち言ってもなって感じです。


昔僕自身も時間切れ両者敗北のルールに対してぐちぐち言っていた気もしますが、後から考えると

「他のcsだと時間切れの後もプレイできていたから勝っていた」

なんていうのは

「他のグラウンドだとホームランだったから勝っていた」

っていうくらいくだらない戯言ですね。







「優勝した人の態度が悪かった」

主観でしかないです。
態度が悪かったって判断基準が人によってまちまちなんですから参考になりません。


噂に踊らされる愚者にならないでください。






「上ブレで優勝しただけ」

千葉ホビとは関係ありません。最近の風潮についての話です。

勝てば風当たりが強くなるカードゲーム、正直何がおもしろいんですかね。


罵声を浴びせるくらいなら、手を叩いて賞賛しませんか。

Clap your hands.