言葉は受信者に意味の全てが委ねられる

早いもので2017年もあと僅かですね。

今年は一人暮らしを始めて生活環境が変わり、自分の力のなさや周りの人達にどれだけ助けられていたのかと実感する1年となりました。

迷惑をかけまいと人に頼らないのは愚者のやり方で、上手な迷惑のかけ方を知るというのが大人になるということなのでしょうか。

僕は今年の最後に馬鹿なことをやらかして色々な人に迷惑をかけてしまいました。

気づいたら人の家で上半身裸で眠っているクリスマスイヴを経験したのは初めてです。




自分はこうして文字を書き連ねることは嫌いではないのですが、口に出して自分の意思を伝えることが苦手で少し臆病になってしまいます。

文章は推敲を重ねて綺麗なものへと姿見を繕うことが出来ますが、僕みたいな人種は本当にこれを口にしていいのかと悩んで結局曖昧な言葉を返したり、普段は饒舌でないが故に話したいことが多いとなると上手くいかず、よく伝わらなかったりなんてことが度々あります。

所謂コミュ障です。

どうせ陰キャです。

来世は陽キャがいいですね。

僕の考えを文字に起こしたのですが、別に共感して欲しいとかつまらない自己承認欲求を満たしたいとかではなくて、こういう奴もいるって偶には思い出してくれればいいですよね、ってことでこうして筆を執っている次第です。

考え方は人それぞれですし、僕自身も他人に考え方を押し付けたい訳ではないですしね。

ようするに言葉は難しいってお話です。

自分が伝えたい情報があった時、言葉にする過程でどのくらい情報が欠けるかは自分でも分かりませんし、それを受け取った相手がどういう解釈をしているのかもうかがい知ることは不可能ですし。

最後に言葉の意味の決定権を持つのは受信者になってしまいます。

本来ならば言葉の価値の差なんてものはあってはいけないのでしょうけど。



最近Twitterのタイムラインを眺めていると、このような記事が流れてきました。


昨日の決勝について | fnr0812のブログ


別に他人の問題にとやかく言って火に油を注ぎたいとは露ほども思わないのですが、面白いのでURL貼らせていただきました。

対戦前に「これ勝てば岐阜県ランキング1位なんですよね〜」
ここまでは全く問題ない。
しかし、次の発言で言葉を失った
「優勝商品割りません?」
おかしい。
そもそも対戦相手とは初対面である。
初対面の対戦相手に冗談でも言ってはならない言葉だと思う。
私にはこの流れから勝ちを譲れとしか取れない発言であった。


この文章を読んだ時、僕はそういう考え方もあるのかと感心してしまいました。

ここまで自身の価値観を前面に出した文章を書く人はどんな人生歩んでいるんだろうなとか、どういう性格をしているのかとか深く興味が湧きます。

昔知人に

「〇〇君って他人に興味無さそうだよね」

って言われたことがあり、それが今でも心に引っかかったままです。

彼女曰く僕は「君の膵臓をたべたい」の主人公に似ているそうです。

小説を貸してくれました。

北村匠海に生まれ変わりたい。

あと何回徳を積んだらイケメンに転生出来るだろうか。

閑話休題

他人に興味無いわけではないですけど、言われてみれば誰かに執拗に依存したり特別目の敵にしたりはしないタチです。

だからでしょうか。

誰かのことを凄く気になるって感情を持ったことに僕自身が驚いているので、この件が面白く感じているのだと思います。

岐阜1位になりたいから優勝商品割るので勝ちを貰えないかって捉えるには情報が少なすぎますが、言葉足らずだっただけで本当に負けるよう持ちかけたのか、単純に負けた時のリターンが大きくなるようにしたかったのかは定かではありません。

どちらが良いとか悪いとか決めたいのではなくて、言葉っていうのは受信者に意味の全てが委ねられているのだなと、だからこそ言葉は難解で複雑なのだなと感慨を覚えた一件でした。



長くなりましたが、こんな駄文に付き合ってくださった皆さんに感謝を。

そして今年関わった皆さんにありがとうとごめんなさいを。

来年はもう少し上手く迷惑をかけられる人間になりたいです。

ではでは。

ズンドコピエロ雑感

お久しぶりです。

2日連続でcs参加できずに萎えまくりです。

ナツメグです。

使うタイミングもうないのでデッキ公開。


4弾で注目したのはこのカード。


f:id:natsumegudm:20171219202507j:plain


ライブラリからブーストしない2コスブースト。

そして何よりスノーフェアリー


f:id:natsumegudm:20171219203911j:plain


世はまさに大上ブレ時代。




(なんだかんだ理由をつけたけど本当はイラストが尊すぎて尊み秀吉だったから使いたいだけ)





今回のデッキ構築は陰キャデッキのプロフェッショナルことoya(https://twitter.com/Oya0813d)大先生監修のもと、デッキビルディングを行いました。

最初はパクリオやワカメなどを試していたのですが、妨害するより自分の動きを通すほうが勝ちに直結する、ワカメあってもハンデス対面は過剰打点で死ぬしドロマーの墳墓は辛いし誤差だしで抜けていきました。

最終的なリストがこちら。


f:id:natsumegudm:20171219225536j:plain

流れとしてはズンドコ貼ってジャックとライア2枚で無限ブーストからシャコを投げてフィニッシュです。

パーツを集めるためにピエロが絡みます。


今回の構築理念は

「相手を上回るブレで対話拒否」

なのでデッキをぶん回すカードと最低限の受けです。

とりあえず4のカードは動かす余地ないのでそこを基盤にしてマナ回収とか受けを弄る感じでした。




ジャック4

諸悪の根源。

ズンドコ下で出してもアド損がないため2枚目以降を引いても腐らない。

たまにピエロ青効果ドローで起き上がる。



ステップル4

ジャックズンドコ下で出すと使えるマナが1増える。

ラララライフに反応する。

上にブレろ。



スズラン4

ズンドコピエロジャックの盤面でマナにある分ピエロ効果使える意味のわからないカード。

序盤終盤隙がない。

バイクやNEXTにはステップルよりこっちを2t目にプレイしたい。

このカードはデッキを回せば回すほど意味の分からなさが分かる。

日本語壊れた。



ラララライフ4

上ブレカード。

初手にあると大興奮。

終盤もピエロのお陰で腐らない。



ズンドコ4

見えないとお話にならない。

音速でプレイして貼り替えを許すな。



クリクリイガラーズ2

ジャックズンドコ下で使えるマナを減らさずにマナ回収ができ、ライアで簡単に再利用ができる。

優先的にハンドキープやピエロ効果で回収するカード。



ゴエモンキー1

大体ズンドコDスイッチで出てマナのクリーチャー出せるようにして暴れる。

デスマッチやエンテイとかいてDスイッチピエロ出来ない時にもマナにこいつがいればどうにかなるのが凄い。

クリクリ3枚目とは好みで入れ替え。



陰陽の舞1

バイク対面めちゃくちゃ使う。

5マナしかなくてもズンドコからマナ爆誕して無理矢理マナ生成からジャック出してWIN



ライア4

ぴょんぴょんして勝つ。




吸い込む4

ズンドコを探すカード。

ステップル吸い込むは凄い。



クリメモ1

オニカマスをどうにかできるトリガーでしかも腐らなさを考えたらこのカードに落ち着いた。

1番の諸説カード。



シャコ2

オーロラはピエロとクリクリで回収出来ないので2投。

ハンデスにはズンドコスズランでマナ伸ばして吸い込むでボトム調整して上からこれをぶん投げる。

ダンテされてもマナさえ伸びていれば返すことができるハイパーカード




ハヤブサ1

色は弱いがそれ以外に欠点見つからず入れない意味がないので採用。




ピエロ4

リソース確保の鬼。

多色がネックなのでマナブーストするときには多色落ち後にどうケアするかを常に考えてプレイ。






とりあえずNEXTには有利。

他の遅いデッキにも軒並み有利。

バイクも速度とスズランと陰陽の舞でなんだかんだ5分くらいには持っていったけど、ハンデスと白緑メタリカが厳しい。

メタリカのデスマッチにヘイトが溜まりまくっていく。

白緑メタリカってデッキがなければ

「なにこれ感動する」

ってデッキなのですが、白緑メタリカ回した後にこれを回しても

「まあ普通かな」

くらいの感情で終わります。

インフレで感覚が麻痺しているってはっきりわかりますね。

メタリカが消える時はこのデッキも消えるので日の目を見ることはないでしょう。

悲しみを背負ったデッキでした。


ここまで読んでいただきありがとうございました。

ではでは。

ジョーカーズ雑感

ベスト8にしかなっていないけど、自分のこのデッキに対する考え方とかメモ程度に書いていくよ。

経緯

ゴールデンジョニーを使いたかった。

最初は前のめりなダンガンオーの型を試したが、盾を一気に割るのがそんなに強くない。

どこかの組長みたいに
「上から5億点!!!」
とか無邪気に楽しめない。

パーリ騎士で0ブースト3tスタートして萎え山萎え太郎になりまくって解散。

そもそもジョジョジョパーリ騎士ヘリコプタで動いてダンガンオー出しても、場に2体で上から5億点できなくて気持ち悪かった。

チョコを入れていないのがすべて悪いということに気づくまで時間がかかった。

というわけでダンガンオーとパーリ騎士抜いてマスクとチョコ入れたらなんかしっくり来た。


最初はハクションマスクなんて弱いだろと考えていたんだけど、先行取らなければキツイバイクがこれ入れるだけでどうにかなる、というかむしろ有利になるハイパーカードだと判明。

ミラーでヤッタレマンを殺害しまくった。

連続で投げても強いので4枚積むしかないカード。

最終的に盤面0からでも無理やり勝てたりブロッカー突破したりとパワーしかないカードのジョリー・ザ・ジョニー突っ込んで完成したのがこのリスト。



f:id:natsumegudm:20171030181613j:plain


このデッキは刻んでいくデッキ。

点数の入れ方が無限に難しいビートダウンだと捉えています。

持論として、引きたいカード減らしてまでジョジョジョは積む必要ないと判断。

見える枚数が枚数なので過信もできないし。

クリーチャートリガーに対してのフィニッシャーであるケシカス、呪文トリガーに対してのフィニッシャーであるゴールデンは2回プレイする頃にはゲーム終わるため3枚ずつ。

サブフィニッシャーのジョリーは枚数抑えて2枚にし、それ以外は全て最大枚数。

中途半端な構築嫌いです。

枚数減らして色々なデッキに対応できるように散らしても都合良くドローなんてできなそうだし、使われそうなデッキ絞って構築したい。

「不利対面は避けろ!」
って何回ぽっきーさんから聞いたことか。



禁断の有無

テック団入る山なんて軒並み遅いし、ゴールデン出た時点でボードにクリーチャーいるからそいつで攻撃→ナゼロで割り切るプランとってる。

そうすればテック団でバウンスされても、突っ立ってるゴールデンでダイレクトすればいい話じゃない?って思うのだけど。

ダンガンオー入ってる構築なら採用したいかな。

チョコで刻んでるときにテック踏んでも割とリカバリーできるけど、禁断入りだと怪しくなる。

ヘリとニヤリーで山がゴリゴリ削られるデッキなのに、禁断まで入れるとヴォルグで雑に負けるのも腹立たしいので僕は積みません。




バイク対面について

チョコはパワーラインも効果も偉大だから回せばわかる。

相手が溜めるプレイしてきてもマスクでいなしてリソース差で勝てるし、殴ってきても8枚のトリガーどれか踏ませて増えたハンドからケシカスナゼロで2枚要求してぶん殴れる。




ミラーについて

ハクション死ぬほどキープしてダンガンオーやコプタをケシカスでケアでどうにかなる。

先行とってドロソ引けてなかった場合ナゼロでGOしたほうが良さそう。



ジョーカーズの今後は

ドロマーロージアが不利なのでどこまで増えるか次第。

解体入りのドロマーロージアはきつすぎるので無理。

それじゃあまたどこかで。

ゴミ箱

他人に厳しい。

人の粗を探して貶して燃やしていく。

そういうのくだらねーなって思うよ。

何で紳士的な態度をしろ、何で友好的なご挨拶をしろなんて言われなきゃなんないのさ。

別に紳士になりたいわけでも、友達になりたいわけでもないんだよ。

ただカードして遊んでいたいだけなのに。

マナーとか礼儀とか、押し付けるのは違うと思うし。

それと、楽しんでないやつは悪、なんて押し付けだし腹が立つ。

趣味の在り方なんて人それぞれだし。

こっちは色々なこと考えないためにこのゲームしてんだからさ。

考えて考えて考えて、本当に大事なことは考えないようにね。

まあそれも気に食わないやついるんだろうけど、テキトーに鼻で笑って、生まれた感情なんかゴミ箱にポイすれば。

綺麗なものだけ見られる素敵なTLが待ってるよ。

第17回シーガル泉CSレポ

猿ループでまた準優勝してきました。

このデッキタイプで2位2回3位1回となかなかお世話になってます。



今回使ったのはのは最近流行りのハッスルキャッスル入りのタイプ。リストはあらまし(@simamu_0630)からもらいました。



f:id:natsumegudm:20171001182742j:plain


それではレポへ。





先行ジャックステップル。

相手は火の子スタートだったため、マリニャンよりハッスルキャッスルをプレイ。

その後はマリニャンブッカして次のターンにループして勝ちました。




  • 2回戦:赤青バイク


後攻ですが相手がカマススタートだったためジャックステップル。

何もなしカマスも刻まずでターンが返り、マリニャンブッカをプレイ。

バイクレッドゾーンステップルに攻撃で盤面マリニャンのみになり、こちらのハンドがオチャとナッツ、マナが3。

トップステップルしたので1マナでプレイ。ここでオチャ出すのも考えたけどどっちのほうがいいのかな。

返しに落城の計を撃たれたのでこれは負けたなと思っていたら、レッドゾーンバウンスから殴ってきたためSBオチャッピィ。

ブッカ龍解からループして勝ちました。






ハッスルキャッスルの置換効果で攻撃避ける裁定を、わさびのり君が知らずに殴ってきたのが衝撃大きすぎて、試合内容忘れました。





  • 4回戦:赤青ブランド


先行とったけど3tステップルしかできず。

相手はグレンニャー進化ワルスラで2点。

マリニャンホワイティか掘師かで悩んだが、前者はマップがプレイできず、ハンドも次のターンループに入れるような状況ではなかったために後者を選択。

返しに単騎ナインナインブランドで負けました。






  • 5回戦:青白緑VV8ダンテ 


たぶん後攻。

相手初動がなしでメメント守スタート。

こちらはジャックジャーベルマリニャン。

エナジーホールからリュウセイをプレイされるが、トップアラゴトからジャーベルを回収し、ジャーベル効果でサンマが捲れたため、除去を当ててループで勝ちました。







4‐1で予選5位通過。ここから本戦。





後攻。相手はメンデル2回撃つが両方1ブースト。

こちらはステップルジャックジャーベルと動き、ビートプランのためにサンマを回収。まだ3マナ残っていたためジャーベルをプレイ。

ミツルギでジャックを焼かれて打点が足りなくなる。

返しにマリニャンをプレイ、ここで長考。

相手のハンドが1だったためブラックロをプレイし、相手のNEXTをハンデス

2ターン停滞したためジャスキル+2打点くらい揃えて殴りきりました。







ここからマッチ戦でじゃんけんの勝敗がわからないです。



1本目は普通にループして勝った記憶。

スクチェン永遠を巨石で返したんだと思います。



2本目はステップルジャックしたけど、ギフトモルト覇からバスターチェンジジアースで盤面壊滅。

バッタでバスターをマナ送りにして2ターンくらい停滞し、最後はモルト覇ギガハートで過剰打点作られて負けました。



3本目はマップでジャック回収。

オチャでブースト。

ハッスルキャッスルを建ててワンショットを防ぐ。

NEXTプレイされるがバスターがなく閣で終了。

0軽減6マナからハッキャのみでループに入ることを強要される。

ジャックナッツトレマと動き、たぶんナッツを回収。

ハンドに腐り札しかなく、ナッツ出しハッキャドローに全てがかかる。

トップで引いたのはジャーベル。

そこからドローとサーチでステップルとアラゴトを引き当ててループに入って勝ちました。

興奮しすぎてアドレナリンマックスって感じでした。





  • 準決勝:青白緑VV8ダンテ


予選で当たった方です。

1本目は先行。

普通にマリニャン着地までいきましたが、ループに入ろうとゴーヤプレイで山を見て猿とオーロラ盾落ちを確認。

バッタとサンマでたくさんマリニャンを戻し、鎖で一気に回収しオバザ作って殴りきりました。


2本目は後攻。

初手からあった掘師を大事にとっておいたら、エナジーホールからリュウセイが出てきました。

ブッカ龍解から掘師で除去してループ入ろうとゴーヤで山を見たら、今度は鎖とサンマとオーロラが盾落ち。

マリニャンを使い回せない分、1本目より致命的な埋まり方をしていました。

最大限展開してターンを返すとVV8がプレイされましたが、今回も過剰打点で殴って勝ちました。






1本目。初手を見るとジャックステップルマリニャンジャーベルサンマッド。

全てが揃っている。

意気揚々とジャックステップルし、ギアスタートされないことを祈るがギアをプレイされる。

バッタとジャーベルチャージに迷うが、バッタキープは受け身のプレイすぎるのでジャーベルキープ。

マリニャンを出し再びお祈り。

下バイクZレッドゾーンターボ3。

負け。


2本目は後攻。

ギアバイクZザマッハで何もできないまま負けました。









有利対面はダンテくらいであと他結構きついのによく準優勝できたなって思います。

猿ループで一番大事なのは運。おわり。

白緑メタリカ雑感

お久しぶりです。
とりあえず白緑メタリカを握った経緯、何を意識して調整したかを書いていこうかなと思います。





調整録

入賞レシピを適当にTwitterで漁っていると、9/17に行われた大分CSで優勝したイナイレさんの白緑メタリカという見慣れないデッキが目に留まりました。


twitter.com


正直なところ、第一印象ではあまり強そうなデッキタイプだと思いませんでした。しかし、優勝したからには理由があるだろうとdmvaultで触り始めることに。


実際に回してみると、ヒラメキスネークを彷彿とさせるようなデッキタイプであるとわかり、軽減のクリスタ、ドローソースのバーナイン、マナを生成するベイBジャックにアクセスすることが重要だと確認。たくさん並べてジャックでマナにして天秤で起き上がり、フィニッシャーが出てきます。

そのため足りない緑を補い、エンジンやメタカードを引っ張ってくることが可能な未来設計図を採用し、裁きの刻との噛み合いがあまり良くないステップルを抜きました。多色で濁り、モアイの後に役に立たないフェスライブも没。

フィニッシャーの枠はダイヤモンドソード+ラフルル+カルマインカやキャバリエ+タテブエなど色々試しましたが、安全に勝とうとするほど採用するパーツが多くなりデッキの回転が悪くなるため、VAN、モアイ、そして色も合っているワルドブラッキオの3枚をフィニッシャーとして据え、不動を全て切りました。

その後、悠久チェンジなどのダイスベガス入りの山にモアイが盾落ちすると目も当てられない状況になり、泣く泣く使用頻度の少ないVANを不動に変更。そしてCSで使用したリストが完成しました。







デッキ解説


f:id:natsumegudm:20170925060337j:plain



呪文主体のドロマーロージア、5Cジョリー、悠久チェンジ、ブーストが重要なNEXT、グラスパー、5Cジョリーに有利がとれるようにデッキ構築をしました。

ジョーカーズにはジャックフェイウォンやデスマッチフェイウォンで攻めの手を鈍らせ、ブランドにもデスマッチとフェイウォンが有効に働きます。

メタカードを極力減らさないことや、うまく回らずとも広がったボードとジャックでマナを作ってプレイができるモアイとワルドをフィニッシャーとして採用。

相手が停滞している隙にこちらがハンドを整え、メタリカエンジンでデッキを回すというコンセプトです。




https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050488_1.jpg


デッキの核。軽減はあればあるだけ強いので最大枚数採用。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050353_1.jpg


ドロソ。メタリカが腐らなくなる。これもあればあるだけ強いため4枚入っています。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100011038_1.jpg


非常に器用なカード。白マナしかないときに緑マナを生み出すムーブが優秀なのですが、フィニッシャーどちらか1回拾うことができればという楽天的な考えのもと2枚に抑えました。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050647_1.jpg


攻撃そらしの能力によって殴ってくるデッキをどうにかするカード。3コスなので設計図から繋がるため、必要な対面には持ってこれるだろうと3枚採用。




https://www.ka-nabell.com/img/card/card100056617_1.jpg


呪文メタ。フェイウォンと同じ考えで3投。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050716_1.jpg


バグ。2コスの性能ではないです。このカードでデッキのエンジンを抱え込み、一気にプレイすることが重要だと思ってます。しかしぶん回ると1回も使わずゲームが終わったりする。基本1回しかプレイしないカードなので3にしてます。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100030799_1.jpg


ボルバルザークエクス。繋ぎとして1、2回撃つ呪文です。3枚あれば十分だと思います。盾に埋まって稀に有効トリガーになります。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100056374_1.jpg


強くもなく弱くもない。完全に蛇足。オリオティスに屈しなくなるのがおしゃれポイント。1でいい。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100056398_1.jpg


フェイウォンでバトルしたり天秤タップでバトルしたりして隠されし能力を発動させます。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100044112_1.jpg


引けないとお話にならないため4投。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100050725_1.jpg


ガードマン。2コスのカードですが2ターン目にプレイしたい対面はそれほど多くなく、設計図もあるため3。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100018022_1.jpg


緑なのが素晴らしいのでVANよりこちら。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100032262_1.jpg


安定感の底上げ。色も確保したいため4投。



https://www.ka-nabell.com/img/card/card100059709_1.jpg


先行2tでプレイするだけでイージーウィンできる対面が多いため最大枚数積みました。1クリスタ1バーナイン1ジャックのときにマナを減らさず出てきてくれるのが偉いです。







バーナインとクリスタどちらを先に出すか、フェイウォンの登場時効果を使うか、ジャストラビリンスでどれをタップするかなどプレイで悩む場面が多く、触っていて飽きないデッキでした。
メガマグマは流行らないで。


ここまで読んでいただきありがとうございました。ではでは。

快楽天7月号には幼馴染ものがない

デッキ紹介の記事です。
健全です。

続きを読む